2014年12月24日

アキバイエロー/横山優子<演:荻野可鈴> in 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛(2013年)

前作のアキバイエロー萌黄ゆめりあ(本名:山田優子)本人だが、前作終了後に結婚して横山姓となっている
厳しい姑に横山家に相応しくないオタク活動を禁じられており、オタク活動を封印し
アキバレンジャー仲間からも離れていたが、バロスwの暗躍を察知し再び戦い始めたアキバレッド赤木信夫と
新たに加入したアキバブルー石清水ルナのピンチに駆けつけて姑には内緒でアキバイエローとして復帰した
だがあくまでオタク活動は封印しており、本名の横山優子を名乗りコスプレもひみつきち内のみとしていたが
バロスwによる「ズキューン葵」の改竄のせいで妄想力を失って戦えなくなった信夫の窮地を救うために
オタク活動を解禁して自宅に信夫を招いて「ズキューン葵」の二次創作漫画を描き上げ
そのおかげで妄想力を取り戻した信夫と共にそのままバロスwと戦闘に突入した際、姑にその姿を目撃される
実は姑は元アニソン女王でアニメオタクの堀江美都子であり、優子の戦う姿を見て
かつて自分が主題歌を歌ったアニメ「忍者キャプたん」の登場キャラ「ジャスミンキャプたん3」の動きを感じ
優子を横山家に相応しいオタクと認めたため、以後は優子は公然とオタク活動を再開することとなった
信夫や博世たち同様に実は本作(シーズン痛)開始時点で前作に関する記憶を改竄されており
八手三郎のテコ入れや番組打ち切りの陰謀と戦って最終的に敗北していたことを忘れていたが
本作の終盤にマルシーナの指摘によって信夫たちと共にそれら全ての記憶を取り戻した
その際マルシーナから共に八手三郎に抗うことを提案されるも、信夫らと共にあくまでスーパー戦隊シリーズを
守るために戦うことを宣言しその提案を拒絶し、復活したステマ乙と戦いその陰謀を撃破する
最終的にはハニートラップで八手三郎が終了させてしまったスーパー戦隊シリーズを復活させるために
新番組プリズムAとのVSシリーズを戦い「アキバレンジャー」の作品世界とスーパー戦隊シリーズを守り抜くが
現実世界での戦いであったため、最後に宇宙艦隊との決戦により、信夫やルナと共に命を落としてしまった

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg

006.jpg

007.jpg

008.jpg

009.jpg

010.jpg

011.jpg

012.jpg

013.jpg

014.jpg

015.jpg

016.jpg

017.jpg

018.jpg

019.jpg

020.jpg

021.jpg

022.jpg

023.jpg

024.jpg

025.jpg

026.jpg

027.jpg

028.jpg

029.jpg

030.jpg

031.jpg

032.jpg

033.jpg

034.jpg

035.jpg

036.jpg

にほんブログ村
posted by ヒロイン危機一髪 at 22:21 | Comment(0) | 戦隊ヒロイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。