2013年11月24日

電波人間タックル/岬ユリ子<演:岡田京子> in 仮面ライダーストロンガー(1975年)

ブラックサタンに拉致されて改造手術を受け電波人間タックルとなったが
主人公のストロンガー城茂に救出されて共に脱走
以後は茂の仲間となって共にブラックサタンに反逆して戦うようになった
気が強いユリ子は茂とは口喧嘩の絶えない仲であったが密かに茂に想いを寄せていた
だが物語終盤デルザー軍団との戦いの中で敵の毒攻撃を喰らい死期を悟ったユリ子は
茂の危機に際して捨て身の必殺技で敵と相討ちとなり生涯を閉じた

001.jpg

002.JPG

003.jpg

004.JPG

53f0e84ce6.jpg

にほんブログ村
posted by ヒロイン危機一髪 at 23:34 | Comment(2) | ライダーヒロイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確か撮影時は中学生か高校生なんだよね。若くして亡くなられた。
Posted by at 2014年04月10日 11:05
でもこの方、生き返る事も仮面ライダーになる事さえ出来なかったのね。ライダーマンは簡単に生き返られて仮面ライダーとして登録されたのに。男女差別か?当時みてて何故ストロンガーは気が利かないと子供心に思っていた。
Posted by miya at 2016年10月06日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。